包茎をテープで矯正

包茎をテープで矯正

包茎は、男性器のうちペニスの亀頭が包皮に包まれている状態を言います。

包皮に包まれていることで汚れが溜まりやすく、臭いも強くなり、男性のお悩みのひとつとして知られています。
またカントンや真性といった場合には性交に支障を来す場合もあり、治療の対象となっています。

一般に包茎を治すためには矯正グッズを使うことが知られています。矯正グッズは、シリコンの輪っかになったものでこれをペニスにはめ込み、皮を引っ張ることで亀頭を露出させた状態にするというものです。

しかし矯正グッズは価格も高く、また購入できる場所も限定されています。このためテープで代用することも可能です。
テープを使用する場合には、テーピングなどで利用するものが都合が良いとされます。これは剥がす必要があるためで、強力な接着力のあるものは不向きです。

テープを使った矯正方法としては、包皮を引っ張るように取り付けるだけです。ぐるぐる巻きにする必要はなく一箇所程度で十分です。

ただし、この矯正方法はあくまでも包皮が剥けやすいように癖を付けるだけのものであり、根本的に包茎のお悩みを解消したいのであれば、包茎手術を受けて余分な包皮を切除する必要があります。

包茎手術・包茎治療を札幌でするならココがお勧め!評判・口コミも!へ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ