包茎を塗り薬による治療

包茎を塗り薬による治療

包茎の一般的な治療法は、外科手術によってペニスの余分な包皮を切除する方法ですが、ステロイド軟膏の塗り薬を使用する薬物療法もあります。
塗り薬による治療は、包茎でお悩みの人が全て完治するわけではなく、塗り薬で治らなかった時には、包茎手術を受けることが必要になります。

治療に使用するステロイド軟膏は、泌尿器科の病院で診察を受けると処方してもらえます。
ステロイド軟膏の塗り方は、自分でペニスの皮を剥けるところまで剥き、包皮の内側に軟膏を塗ります。

これを毎日続けて行うことによって、包皮がだんだんと柔らかくなり、自然と皮が剥けるようになります。
痛くてペニスの皮がどうしても剥けない人は、包茎手術を受けて治すしかありません。

ステロイド軟膏による治療は保険診療の対象になるため、3割負担の料金で治療が受けられます。
完全に治るまでには時間がかかりますが、安い料金で治療ができることが大きなメリットになります。

デメリットは、全ての人が治るとは限らないことです。
ステロイド剤を使った治療法で治らなかった時には、包茎手術を受けることが必要になりますが、健康保険の対象外になるため、手術代は全額自己負担になります。治療費はかかりますが、確実に治すことができます。

包茎手術・包茎治療を札幌でするならココがお勧め!評判・口コミも!へ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ