包茎手術をしたあとの飲み会

包茎手術をしたあとの飲み会

お酒が好きな人にとって、全く飲まない日、いわゆる休肝日を作るのはつらい、という人も少なくはありません。
ついつい誘われて、飲み会に参加したりすることもあるかもしれませんが、もし包茎でお悩みの人が、術後すぐに飲み会に誘われたとしても、できることなら断るのが望ましいでしょう。

包茎は、術後のケアが悪いとなかなか回復しなかったり、いつまでも傷跡が治らないなどの問題が出やすい場所です。

そのため、基本的には3日、厳しい病院によっては一週間はアルコールを取らないようにすることを求められます。

包茎手術をしたあとは、同時に術後の痛み止めや感染症を防ぐ抗生剤の服用をする場合があります。
アルコールの摂取は、それらの効果を妨げる可能性があるのと、アルコールによってそれらの分解速度が遅くなり、効き目が薄れてしまうこともあります。

またアルコールには利尿作用があるので、トイレの回数が増えることで患部に負担がかかったり、下着の上げ下ろしで擦れたりしてしまい傷口の回復を遅らせてしまう可能性も高いのです。

術後から3日から一週間は、飲み会に誘われても体調が悪いと断ったり、家での晩酌も我慢して控えるようにしましょう。

ただ、一週間過ぎてアルコールが解禁になったからといって、いきなり大量のお酒を摂取するのも体に悪影響を与えたり、排尿の回数が増えて患部に負担をかけるので、解禁されても少量ずつ飲むようにして、飲みすぎないように気をつけることが大切です。

包茎手術・包茎治療を札幌でするならココがお勧め!評判・口コミも!へ


 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ